新築の見積もりについて

ホームへ戻る > 新築の見積もりについて

色々な工務店の種類
リフォームの補助や助成
オール電化と補助金制度
デザイナーズ住宅と業者選び
マイホームを建てる際に知っておきたい法律

新築の見積もりについて新築を希望する場合は、見積もりを出してもらってから、実際に工事を依頼する契約を結ぶことになります。ですから、提示された値段が納得できないならば、工事を依頼する必要はないのです。そこで、1社だけに新築の見積もりを依頼するのではなく、他の業者にも依頼しておいて、それらを比較検討して工事を頼む業者を選ぶようにしたほうがいいのです。1社だけですと比較しようがないので、それが適正価格なのかどうかもわからないのです。


また、複数の見積もりを比較することがわかっている場合は、相手も安い値段を出して仕事を得ようとしてくれることも期待できます。それが1社だけでは、競争しようがないのです。できれば最低でも大手の住宅メーカーを2社、そして地元の工務店を1社選んでおくのがいいでしょう。そうすれば、それぞれの特徴を出して値段を設定してくれるはずです。それは競合している相手の立場がそれぞれ違うからです。

大手住宅メーカーの場合は、やはりライバルメーカーに負けたくはないと考えるでしょうし、地元の工務店は宣伝費などにお金をかけない分、値段を低く設定できます。そのことを大手も知っているので、今度は品質で勝負をしてくることも考えられるのです。ですから、最終的に大手に頼むことになったとしても、地元の工務店を競合相手に入れておくことは重要なのです。もちろん、地元に強い工務店を選ぶのでもいいでしょう。そのときは、ただ安いという点だけでなく、新築の出来上がりとのバランスも考えるようにしましょう。