色々な工務店の種類

ホームへ戻る >  新築の見積もりについて  > 色々な工務店の種類

色々な工務店の種類工務店には色々な種類があり、それだけの選択肢があるということになります。その業者の種類によって対応できるものとできないものがあるので、まずはそのことについて知らなければいけません。こちら側はできるものだと思っていることも、業者側では対応できないということもあるので、そういう余計なトラブルが起きないようにしましょう。


いわゆる棟梁型と言われているのは、昔ながらの工務店です。ここは一から全部をやってくれるのですが、設計に関しても任せることになるため、そこに不安が残ります。反対にデザイン側は、会社で設計士を抱えていて、デザイン重視で勝負しているという特徴があります。

フランチャイズ型は大手住宅メーカーの下請けとなっているため、ハウスメーカーのような特徴があります。例えば規格外の注文をしようとしても、対応できないと断られるケースが多いのです。準メーカー型はフランチャイズ型の規模を小さくしたようなもので、こちらも基本的な特徴は同じと考えて良いでしょう。


施工専門型の工務店は、設計は一切行わず委託した設計をもとに施工を行うというものです。この場合は設計家選びから考えなければいけませんが、その分選択肢が広がります。この他にも現場監督のみを抱えている営業中心型の工務店などもあります。


簡単な特徴をまとめたものになりますが、工務店を探すときにはどういうタイプなのかを確認してみてはいかがでしょうか。実際に訪問して話をする段階になってから確認するよりも、手間を省くことができます。そうすることによって、スムーズに話を進められるようになるのです。