リフォームの補助や助成

ホームへ戻る >  新築の見積もりについて  > リフォームの補助や助成

リフォームの補助や助成リフォームの種類によっては、国や地方自治体から補助金や助成を受けることが出来る場合があります。


まず代表的なものが、高齢者向け住宅へのバリアフリー化などのリフォームです。手すりなどを付けたりする費用の20万円までは9割が介護保険負担となります。また同じく高齢者の安全のためのリフォームには地方自治体から30~50万円程度の補助金が出たり、優遇貸付が利用できたりします。


次が、耐震化工事に関する助成です。1981年に新耐震設計基準が施行されているのですが、それ以前の住宅などで基準を満たさない場合は、耐震設計診断の助成や耐震化工事に関して補助金を出している自治体もあります。その他、有利な条件のローンも利用できたりします。

近年特に需要が高まっているリフォームである、防犯対策に関しても地方自治体から補助が出ることがあります。ピッキング対策、サムターン対策が施された鍵を取り付けることなどはこれに該当しているかも知れませんので、一度役所で聞いてみるとよいでしょう。


同じく近年盛り上がっているリフォームである、太陽電池取り付けや、エコ給湯器への交換は国や自治体が設置費用に関して助成金・補助金を出しているところが多く存在します。


ただ、この辺の補助金政策は年度によってあったりなかったりしますし、助成を受けるための条件も結構込み入っていてこちらの判断だけでは分からない場合も多くあります。まずは計画を立てた段階で、何か受けれそうな助成がないかを役所で相談してみるとよいでしょう。