マイホームを建てる際に知っておきたい法律

ホームへ戻る >  新築の見積もりについて  > マイホームを建てる際に知っておきたい法律

マイホーム建設は、土地の所有者だからといって、すべてを自由に使って建物を建てても良いというわけではないのです。そこには建築基準法や都市計画法、民法といった、守らなければいけない法律があることも知っておきましょう。たとえば建ぺい率という問題があります。これは敷地面積と建築面積の割合のことで、建築面積を敷地面積で割ったものに100をかけた数値で表されます。それぞれの立地によって上限が違ってくるので注意しなければいけません。

そして、容積率も同様に守らなければいけない基準があります。各階の床面積を合計した延床面積を敷地面積で割って100をかけた数値で表されるもので、接している道路の幅などによって上限が変わってきます。建ぺい率と容積率は、その土地にどれだけの大きさのマイホームを建てられるのかということを決める要素になります。当然違反することはできないものなので、設計の前に数値を出して把握しておくことが大切だと言えるでしょう。


そして、マイホームを建てるときに関わる法律は他にもあります。斜線制限というのはあまり聞きなれない単語かもしれませんが、建物の高さに影響を与えるものです。主に道路側と北側に制限があるので注意しましょう。さらに、4メートル以上の幅がある道路に敷地が2メートル以上接していないと、マイホームは建てられないということも知っておきましょう。道路の幅が4メートル未満の場合は、中央のラインから2メートル以上幅が取れるように敷地を後退させる必要があるのです。