歯科と電動歯ブラシ

ホームへ戻る > 歯科と電動歯ブラシ

歯列矯正の期間
一戸建て購入時のローン
ロックの殿堂博物館の展示品
吊り足場とは
テレビショッピング番組

歯科に行くと、歯ブラシの正しい使い方や、効果的な歯のみがき方を指導してくれます。自分ではしっかりみがいているつもりでも、案外上手にみがけていないケースが多いのですね。歯みがきがきちんとできていないと、いつも汚れが残っている状態になり、虫歯ができやすくなってしまいます。また、歯周病の原因にもなってしまいます。そこで、歯科では電動歯ブラシを患者にすすめるケースもあります。電動歯ブラシであれば、上手にみがけない人でも、歯をきれいな状態にキープすることができるからです。

歯科がすすめる電動歯ブラシの使い方は、とにかくゆっくり動かすということです。丁寧な歯みがきは自動的にマシンが行ってくれますので、あとは移動ができていればいいからです。普通の歯ブラシの感覚でさっさと口の中を移動されてしまうのは、電動歯ブラシの場合はNGです。ゆっくり動かしていくことで、歯のすきまの汚れもしっかり落とすことができますよ。歯科では、すでに電動歯ブラシの汚れ落とし機能は、人間の手の動きを超えていると評価しています。


歯科がおすすめの電動歯ブラシの中には、除菌機能をそなえているタイプもあります。歯ブラシに細菌がついていると、口の中へのダメージとなってしまいます。歯みがき後に洗って乾かしておけば問題ありませんが、除菌機能がついているならさらに安心ですね。歯周病対策機能が搭載されたタイプもあり、うまく活用すれば歯の健康に役立ちます。