歯列矯正の期間

ホームへ戻る >  歯科と電動歯ブラシ  > 歯列矯正の期間

歯列矯正に踏み切ろうとするとき、費用と共に気になるのが「どれくらい装置をつけていなければならないのか…」という点だと思います。では、歯列改善に費やされる期間について解説していきましょう。


一概に治療期間を特定することは出来ませんが、最も一般的なワイヤー矯正の場合を取り上げると、抜歯不要な軽微なケースなら半年から1年、通常のケースだと1年から2年、難しいケースだと3年近くかかります。ワイヤーによる歯列改善はスタンダードな方法として認知されているので、これを基準と考えることができるでしょう。

ただ、同じワイヤーを使う場合でも、舌側矯正の場合はこれより期間が長くなります。逆に、最近脚光を浴び始めたデーモンシステムやインプラントアンカー法を採用すると、通常のワイヤー法より治療期間が短縮されます。マウスピースによる歯列改善は、一般的にはワイヤーの場合より長くなります。多くのケースで3年程度とされています。床矯正に至っては、夜間に装置を付けるだけで改善していくため4年近く装置を付けることも珍しくありません。


さらに、装置が外れてからも治療は続きます。歯は動いた後、必ず元の場所に戻ろうとするからです。これを防ぐのがマウスピースなどのリテーナー装置(保定装置)です。リテーナーを使うことによって、空いた部分に骨が再生され、歯が固定されるのです。この保定期間は矯正期間と同じ位必要と言われており、2年から3年、時には10年以上続くこともあります。