吊り足場とは

ホームへ戻る >  歯科と電動歯ブラシ  > 吊り足場とは

吊り足場とはその名の通り、足場板を鉄パイプやチェーンなどで「吊り下げる」ことで利用する足場のことを指します。主に高架橋などのような特殊な建築物や、高度のある建築物に対して利用されることが多くなっています。安全性の確保のため、安全ネットなどと併用されることがほとんどとなっており、他の工法と比べると不安定になりやすい環境となることから特に強度や安全性の確保のためなどの基準が厳しくなっています。特に一箇所でも金具(クランプ)が緩くなっていたりすると、それだけで大事故に繋がる危険性もあることから、細心の注意を払い、周囲の安全ネットの設置などが重要となってきますが、特殊な高架橋やエレベーターの修繕などでは通常の足場確保ができないため、こちらの工法を利用する場合が多くあります。

安定性の面で言えば前述の通り、通常の工法に比べると不安定に思える点もありますが、逆に徹底した安全基準が設けられており、現在もいかに安全性を高めるかと言う研究が進められています。また、吊り下げるスペースが確保できれば、同時に広さも十分に確保できるようになり、快適に作業を行うことができます。


固定方法は一般的な建築物の場合は鉄パイプで固定することになりますが、高度が低く、吊り下げるスペースが足りないなどの場合はチェーンを併用することもあります。地面との接点が無いため、若干不安定ではありますが、十分な固定を行うことで広い作業スペースが確保でき、特殊な工事においては必要不可欠な工法として広く利用されています。