会社設立時の定款認証について

ホームへ戻る >  美容室でデジタルパーマ  > 会社設立時の定款認証について

会社設立に欠かせないのが定款認証です。作成した会社の定款を提出し、正しい手続きをしたことを認めてもらう行為です。これが具体的な会社設立のスタートラインになるといっても過言ではありません。


その際にはまず正しい定款を作成していることが大前提となります。そのうえで所定の手順で手続きを行うことになります。必要な内容が書かれていないと無効と判断されてしまうこともあるので注意が必要です。

まず提出場所。本店の所在地と同じ都道府県内にある公証人役場となります。定款認証は公証人によって行われるのです。手続きは原則的には会社設立に関わる社員全員が赴いて行う必要があるのですが、会社の規模が大きいなど現実的ではない場合には代表者が代理で行うことも可能です。


注意が必要なのは用意するもの。まず定款は3通必要です。会社が保存するもの、法務局に提出するもの、そして公証人役場が保存するものです。定款は手書き・ワープロどちらでも可能ですが、手書きの際にはボールペンでしっかりと書いておくことがポイントです。


それから社員全員の印鑑と印鑑証明書、代理人が手続きを行う場合には代理人の印鑑と身分証明書、委任状も必要となります。忘れてはならないのが必要経費。定款認証手数料が5万円、定款に貼る収入印紙代として4万円がかかります。


このように、定款認証を行う場合にはあらかじめ注意しておくべきポイントがいくつかあるのです。滞りなく行うためにも事前にしっかりとチェックしておくようにしましょう。