注文住宅と工事請負契約

ホームへ戻る >  地球以外の土地  > 注文住宅と工事請負契約

注文住宅を建てるための一連の手順の中でもっとも重要なポイントとなるのが、工事請負契約です。建築会社と契約を結ぶことで建てる家に関する最終的な決定が下されることになります。そのためこの工事請負契約に不備があった場合には、後でトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。とくに注文住宅は施主の希望をどれだけ取り入れられているか、予算はいくらぐらいかなど確認しておくべき点が多々あるだけに注意が必要なのです。


まず工事請負契約の際に必要となる書類を確認しておきましょう。まず契約書。それから工事請負契約約款。この約款は工事が遅延した場合の違約金や瑕疵担保の保証期間など工事に関する詳細が記されているものです。万一の際に備えてしっかりと目を通しておくことが重要になってきます。それから設計図書。平面図や設備図、立面図、電気配線図などさまざまな種類があります。住宅の全体像を把握するためにも、そして工事が正しく行われているかチェックするためにも目を通しておきましょう。同じく水回りや電気設備に関する情報が記載されている仕様書も重要です。

そして工事費見積書。全体としていくらぐらいかかるのか。そして工事項目ごとにかかる費用がかかれています。注文住宅の場合は後者の項目ごとの費用のチェックが欠かせません。こだわった部分にどれだけの費用がかかっているのか、納得のいく金額になっているかを判断するためです。


このように、工事請負契約の際には確認しておくべきポイントが多数あります。希望通りの家を建てるつもりが思っていたのと違う形で工事が行われてしまった。そんなことにならないためにも不安点、疑問点はすべて解消した上で契約を結ぶようにしましょう。