注文住宅と設計事務所

ホームへ戻る >  インプラント矯正について  > 注文住宅と設計事務所

通常、家作りといえば工務店やハウスメーカーに設計から工事までを一貫して依頼することになります。その方が手間が省けますし、一貫した作業のため効率よく工事を進めていくことができます。しかし注文住宅となると話はまた違ってきます。納得のいく家作りをするためにはより専門的な建築士や設計事務所に設計を依頼する必要も出てくるのです。


ですから、工事を行う建設会社と設計事務所を別々に依頼するという選択肢も出てきます。そうすることで注文住宅の可能性が一気に広がるのです。設計事務所ではオリジナリティを重視した家作りや、フレキシビリティーに溢れた設計に強みを見せており、施主の希望に合わせた家作りのサポートを行ってくれます。また建築家の個性やデザイン性を重視した家作りをしたい場合にも適しています。

また、土地が極端に狭い場合、あるいは変形した土地の場合など、住宅を建てる条件に限界がある場合でも設計事務所なら柔軟な発想で理想的な住宅を提案してくれるはずです。建築家ごとに個性があるため、事前に情報をチェックしアプローチするとよいでしょう。


気になるのは費用。設計と工事を別々に依頼するわけですから、設計にどの程度のお金がかかるのか気になるものです。通常の相場では工事費の10%程度が設計料となっています。


設計事務所に依頼する場合、当然さまざまな面で手間が増えることになります。しかしせっかくの注文住宅、納得のいく形で建てたいもの。その手間をかけるだけの価値は十分にあるのではないでしょうか。