賃貸住宅のセキュリティ

ホームへ戻る >  インプラント矯正について  > 賃貸住宅のセキュリティ

最近では賃貸物件も分譲物件も関係なく、アパートやマンションなどの共同住宅をターゲットとした空き巣被害などが増えています。鍵を閉めて外出していても、ピッキングやサムターン回しなど空き巣のハイテクニックを用いれば簡単にドアを開ける事ができるのですから恐ろしいですよね。


高層型のマンションなどでは、セキュリティ設備も充実した物件などもたくさんありますが、それでも初めから賃貸する事を目的として建てられているようなマンションなどは、分譲タイプと比べるとどうしてもセキュリティに欠ける事が多いようです。また、低層のアパートなどはハイテクなセキュリティがほとんど設置されていない物件も多く、女性の一人暮らしなどでは注意が必要です。

空き巣などの被害者にならないためには、賃貸物件を選ぶときにセキュリティが充実している物件を選ぶ事がベストですが、そういったセキュリティ設備がついていない物件の場合には、交渉して防犯設備の取り付けを許可してもらうなどの方法があります。ホームセンターなどで販売されている後付できる防犯グッズなどをつけるだけでも空き巣の被害にあう確率はグンと下がります。また、外から部屋の中が丸見えにならないようにカーテンを閉めたり、窓にはきちんと鍵をかけてから外出したり就寝する習慣をつける事も、大きな防犯効果が期待できます。


万が一、空き巣の被害にあった場合には速やかに警察に連絡し、なにが盗まれたのかをチェックしましょう。金融機関に連絡をして銀行口座やクレジットカードなどを止めてもらうことも大切です。