歯医者とかぶせもの処置

ホームへ戻る >  水は命の源  > 歯医者とかぶせもの処置

虫歯の治療をする時に、かぶせものなどをつける処置をすることもあります。通常歯医者では、かぶせものの治療をする時に、まず型を取る必要があります。もし歯医者でかぶせものをするための型を取ったのであれば、早めに歯医者に再び行って、かぶせものをするようにしましょう。歯医者に時間をおいて行ってしまうと、かぶせものがマッチしなくなる可能性があるからです。


実は自覚はないかもしれませんが、歯は口の中でいろいろと徐々に移動することがあります。つまり、時間がかなり経過してしまうと型を取った時の歯のポジションとかぶせものをする時の歯のポジションが、一致していない可能性があるのです。

ですから、かぶせものをうまくはめることができなくなってしまいます。そうなると、調整をしないといけなくなるので、時間が余計にかかってしまいます。もしくは、作り直しをしないといけなくなってしまうこともあります。型を取ってから1か月以上経過してしまうと、位置がずれる可能性が出てきます。ですから、かぶせもののための型を取ったのであれば、日を置かずに歯医者に行って、かぶせものを装着するように心がけることです。またかぶせものは完全なオーダーメイドになります。しかも手作業で製造することになりますので、作り直しになると、また莫大な時間を費やさないといけなくなります。また手作りのかぶせものが無駄になったとなれば、歯科技工士などのモチベーションを著しく低下させることにもなりかねません。